【84話あらすじ】アニメ「進撃の巨人」をわかりやすく解説!ファイナルシーズン【#終末の夜】

アニメ「進撃の巨人」83話あらすじ解説

アニメ「進撃の巨人-ファイナルシーズン Part.2-」のTV放送が始まりました!

(NHK総合にて2022年1月9日(日)24時05分から放送開始)

進撃の巨人のアニメ化は2013年4月からスタートし、2021年3月までに第1期〜第3期とファイナルシーズンのPart.1までが放送終了しています。

進撃の巨人(シーズン) 話数 放送日
第1期(Season 1) 1話〜25話 2013年4月〜9月
第2期(Season 2) 26話〜37話 2017年4月〜6月
第3期(Season 3)パート1 38話〜49話 2018年7月〜10月
第3期(Season 3)パート2 50話〜59話 2019年4月〜7月
第4期(The Final Season)パート1 60話〜75話 2020年12月〜2021年3月
第4期(The Final Season)パート2 76話〜 2022年1月〜

こちらの記事では、ファイナルシーズンPart.2【84話#終末の夜】の内容を振り返っていきます!

原作(漫画)は32巻収録

アニメ「進撃の巨人」84話:終末の夜(あらすじ)

アニメ進撃の巨人84話
出典:https://shingeki.tv/final/story/#/episode/84

戦火の先に、僕らの敵がいた。僕らは互いを憎み、蔑み、殺してきた。今、焚火の先にいるのは、異なる「正義」を持っている者たちだった。

引用:進撃の巨人公式ホームページより

84話 終末の夜

エレンを止める

島の民を守るためでもエレンの虐殺を止めたいという思いは、ハンジをはじめミカサも同じです。

ただエレンを止めても世界から向けられる憎悪が消えない限り島が滅びてしまう。冷静に考えるジャンは何十年も先のことを考えています。

ハンジは自分の理想論のせいでエレンがこうなってしまったことに責任を感じています。

ハンジ
ハンジ

虐殺はダメだ
これを肯定する理由があってたまるか

しかし、虐殺は絶対にあってはならないことだと主張します。

ハンジ
ハンジ

人類の自由のために心臓を捧げた仲間が見ている気がする

大半は壁の外に人類がいるなんて知らずに死んでいった
だけど、この島だけに自由をもたらせばそれでいいーそんなケチなことを言う仲間はいないだろう

このシーン、どこかで見覚えがありますね。

エルヴィンが団長だった頃、獣の巨人との戦いで特攻を余儀なくするシーンです。

(こういう演出が上手だなぁ。)

エレンの地鳴らしを肯定しようとしていたジャンも、ハンジの言葉を聞いてエレンを止めることに意を固めました。

マーレとエルディアで食卓を囲む

84話の大部分はシチューを囲むシーンで、今までの争いを洗い出して清算しているようでした。

双方でエレンの虐殺(地鳴らし)を止める目的が一致したところで、アニが鋭い質問をします。

アニ
アニ

それで…あんたたちに殺せるの?
エレンを殺せるの?

ミカサ
ミカサ

エレンを止める方法は殺すだけじゃない

アニ
アニ

あんたならそう言うと思ったけど、それじゃあ何?
説得でもするの?

それで考え直すくらいのヤツが人類大虐殺なんて実行する?

アルミン
アルミン

それは分からないよ
エレンと話してみないと

アニ
アニ

じゃあ対話が可能だとして、それでも虐殺をやめてくれなかったときはどうするの?
エレンが敵だとアホになるから分からないの?

やっぱりね
マーレに故郷をもつ私たちがエレンを殺そうとするなら、あんたらはエレンを守るために私たちと戦うことになる

ミカサにとってエレンが一番大事なことを知っているアニは、「虐殺を止める=エレンを殺す」ことになるかもしれない可能性を想定していて、ミカサ等調査兵団にその覚悟があるのか確かめているようです。

それをお互いに確認した上で、その時までは協力し合うことになりました。

イェレナの欲

安楽死計画を企むジークを信奉していたイェレナは、実はマーレ人でした。

ごく一般的な家庭に生まれたマーレ人のイェレナは不自由なく育ってきたのに、わざわざマーレに併合された小国出身と偽り、故郷を捨ててまで達成したかった目標は「世界を救う英雄になる」という大きな欲望でした。

人類史に刻まれるために自ら嘘で塗り固め、その欲深さから仲間を銃で撃ち殺すこともありました。

イェレナは本当に皮肉な人だと思います(笑)

この場をもって、みんなの過去の罪を洗い出します。

  • ライナー:壁に穴を空け、大勢のエルディア人を巨人の餌食にした
  • アニ:数多くの調査兵団を殺した
  • アルミン:軍港を破壊し、多くの民間人を殺した
  • ジャン:ファルコを目掛けて雷槍を撃ち込んだ
  • ガビ:サシャを撃ち殺した
ジャン
ジャン

ありがとう、イェレナ
お互いのわだかまりをここで打ち明けて、心を整理させようとしてくれてるんだよな?

ここで負けるイェレナではありません。
さらに痛いところをついてきます。

マルコの死の真相

イェレナ
イェレナ

あぁ忘れてた
なんでしたっけ?

以前教えてもらったあなたの親友の名前は…そうだ、マルコだ
確か、彼の死にアニが関わっていると言っていましたよね?

アニ
アニ

私がマルコから立体機動装置を取り上げた
だからマルコは巨人に…

ライナー
ライナー

アニは俺の命令に従っただけだ

ここでマルコの死の真相がわかりました。

マルコはライナーとベルトルトの聞かれたはいけない会話を聞いていました。それはまだ壁内人類が壁外に人類がいるとは知らない頃なので、マルコは誰よりも早く知ってはいけない秘密を知ってしまったのです。

そこで正体がバレることを恐れたライナーは、マルコの立体機動装置を外すようアニに命令しました。マルコを巨人に食わせればいいと思ったからです。

結果、マルコはその場から動けないまま巨人に食われました。

仲間から急に立体機動装置を外され巨人に食われて死ぬなんて…疑問と恐怖で死んだマルコを思うと胸が痛いですね。。

ジャンは親友マルコの死の真相がわかったと同時に、抑えきれない感情でライナーを思いっきり殴りました。

港がイェーガー派に占拠される

エレンを止めるという目的で動き始めた調査兵団とマーレ軍は、イェーガー派と対立することになりました。

唯一の頼りである飛行艇の置かれた港はイェーガー派に占拠されていました。

キヨミ・アズマビトという女性を覚えていますか?

関連記事
アニメ「進撃の巨人」69話をわかりやすく解説【69話まとめ】アニメ「進撃の巨人」をわかりやすく解説【ネタバレ】ファイナルシーズン(#正論)
アニメ「進撃の巨人」70話あらすじ解説【70話あらすじ】アニメ「進撃の巨人」をわかりやすく解説!ファイナルシーズン【#偽り者】まとめ

彼女はヒィズル国の特使としてパラディ島へやってきました。

国名 概要
ヒィズル国
ヒィズル国
「将軍」と呼ばれる国家元首の下、独自の文化を築き上げてきた東洋の小国。優秀な技術者を多く輩出しており、最新兵器や航空機などの開発も盛んに行なっている。かつてはエルディア帝国とは同盟国であった。「将軍家」の家紋には三本の片刃の剣を模した図柄が用いられている。

ヒィズル国はパラディ島唯一の友好国で、ミカサの出身国でもあります。

立体機動装置に使われている特殊な燃料である「氷瀑石(パラディ島以外では発掘されたことがない)」を用いてヒィズル国は飛行艇を完成させ、港に置いていました。

それは地鳴らしの実験的活用を観測するために作られたもので、調査兵団等はこれを用いてエレンに接近しようとしているのです。

見逃した!進撃の巨人ファイナルシーズンPart.2はどこで見れる?

進撃の巨人ファイナルシーズン パート2

進撃の巨人ファイナルシーズンは、以下の動画配信サービスから見返すことができます。

動画配信サービス 無料期間 特徴
dTV  31日間 約12万作品が見放題
dアニメストア  31日間 アニメ特化
GYAO! なし 無料のため一定期間のみ視聴可
Netflix なし バランス良し
TELASA 15日間 特撮&テレ朝ドラマが充実
ひかりTV 最大2ヶ月 TV対応チューナーが必要
U-NEXT 31日間 見放題作品数No.1
Amazon Prime Video 30日間 コスパ最強

動画配信サービスは、スマホ・PC・パソコンでも何度も見返すことができて、とても便利です。(無料体験期間中に解約すれば、料金はかかりません。)

まだ使ったことがない方は、一度利用してみてはいかがですか?

84話 終末の夜

まとめ

調査兵団とマーレ軍は「エレンの虐殺を止める」という目的に向かって動き始めました。

対してイェーガー派はあくまでも島を守り、島の自由を手に入れるためエレンの進行を守ります。

どれが正解とは言えませんが、あなたは誰を応援しますか?

84話のあらすじは以上です!

続きはこちら
アニメ「進撃の巨人」85話あらすじ解説【85話あらすじ】アニメ「進撃の巨人」をわかりやすく解説!ファイナルシーズン【#裏切り者】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA