【73話あらすじ】アニメ「進撃の巨人」をわかりやすく解説!ファイナルシーズン【#暴悪】まとめ

アニメ「進撃の巨人」73話あらすじ解説

アニメ「進撃の巨人-ファイナルシーズン-」のTV放送が始まっています!

(NHK総合にて12月6日(日)24時10分から放送開始)

進撃の巨人のアニメ化は2013年4月からスタートし、2020年12月までに第1期〜第3期が放送終了しています。

進撃の巨人(シーズン)話数放送日
第1期(Season 1)1話〜25話2013年4月〜9月
第2期(Season 2)26話〜37話2017年4月〜6月
第3期(Season 3)パート138話〜49話2018年7月〜10月
第3期(Season 3)パート250話〜59話2019年4月〜7月
4期(The Final Season)60話〜2020年12月〜

第4期が現在放送中の「ファイナルシーズン!」

この記事では、【73話 #暴悪】のあらすじをまとめていきます。

放送日は3月14日(日)だったのですが、視聴中に和歌山県の地震速報が入り翌週に繰り越しとなりました。

73話は内容が濃かっただけに、ツイッター上も盛り上がっていましたw

というわけで、お待ちかねの73話をもう一度おさらいしたいと思います!

漫画(原作)は28巻収録

アニメ「進撃の巨人」73話:暴悪(あらすじ)

アニメ進撃の巨人73話
出典:https://shingeki.tv/final/story/#/episode/73

アルミンとミカサを見据え、エレンは語り掛ける。「おまえらと話がしたくてな」と。

引用:進撃の巨人公式ホームページより

73話 暴悪

エレン、ミカサをズタズタに傷つける

ミカサ泣く

ミカサとアルミンは、暴走するエレンに対して「あなたは操られている」と説得しますが、エレンはあくまでも自分の自由意志が行っていることだと主張します。

エレン
エレン

俺はレベリオでジークと話をした。兄弟水入らずでな。ジークは巨人について、マーレが知っている以上の知識を手にしている。

そして、ミカサとアルミンの心理を脅かすような発言をしました。

それは以下のような内容です。

  • ミカサ:アッカーマン一族はエルディアを守るよう設計されており、ミカサは偶然エレンを”護衛するべき宿主”と錯覚した。だからエレンに固執している。

  • アルミン:超大型巨人の記憶を継承したことで、アルミンの脳はベルトルトに支配されている。だからアニに恋心を抱いている。

これに対し、ミカサは反発します。

ミカサ
ミカサ

違う。偶然じゃない。
あなただから…エレンだから私は強くなれた。
それはあなただから。 

エレン
エレン

力に目覚めたアッカーマンは、突発性の頭痛を起こすことがよくあったらしい。本来の自分が宿主の護衛を強いられることに抵抗を覚えることで生じることらしいが、心当たりは?

ミカサ
ミカサ

あ…ない。
違う…私は…。

エレン
エレン

要するに、本来の自分を失い ただ命令に従うためだけに作られた一族。つまり奴隷だ。

俺がこの世で一番嫌いなものが分かるか?不自由なヤツだよ。もしくは家畜だ。そいつを見ただけでムカムカしてしょうがなかった。その理由がやっと分かったよ。

オレはガキの頃からずっと、ミカサ、お前が大嫌いだった。

ミカサ
ミカサ

う…(涙)

ミカサはエレンに全て言いくるめられ、終いには大嫌いとまで言われてしまいました。

大好きな人にこんなこと言われたら、、そりゃあ泣きますよね…。

エレンが言っていることは事実か?

過激なエレン

鋭い人は、ここで疑問を感じたかと思います。

リヴァイ兵長(アッカーマン)はどの巨人の護衛もしていないじゃないか?

筋の通った巨人学のように思いますが、もしかするとエレンはそれっぽい嘘をついているだけかもしれません。

ここまでして大事な仲間を傷つける必要があったのは、エレン自身の指名を全うする上で避けられないことだったのかな?

リヴァイの部下がジークの叫びで巨人化する

リヴァイの部下、巨人化する

前回のワインの件から、最悪の事態が起こりましたね。

ジークの脊髄液入りワインを飲んでいたリヴァイの部下は、全員巨人化してしまいました。

これ以上リヴァイ兵長を絶望に陥らせないで…。

ワインを飲んだ兵団の体に電気が走る

ピクシス司令、体に電気が走る

ジークが叫んだ瞬間、遠くにいた兵団内で体に電気が走る人が数多くいました。

まんまとジークの罠にかかったのに気づいた瞬間です。

ピクシス司令も同じ現象が起こりました。ということは、近々巨人化する日が迫っているということでしょうかね。

次々と重要人物が消えていく…もう本当に辛くて残酷なアニメです。

ジーク「なんだよ、もう〜またかよ〜!」

ジーク「またかよ〜!」

74話のハイライトはここかと!!

リヴァイと決別したつもりのジークでしたが、秒で追いつかれました(笑)

リヴァイ
リヴァイ

なんで勘違いしちまったんだ?俺から逃げられるって。

部下を巨人にしたからって俺が仲間を殺せないと思ったのか?俺たちがどれだけ仲間を殺してきたか知らねえだろうに!

ジーク
ジーク

うおおおお〜!

この後あっけなくジークはリヴァイに仕留められましたね。

ジークが平気で無垢の巨人の体を引きちぎるシーンは、本当にエルディアを救おうとする者とは思えないです。もう完全なるサイコパスです。

古い慣習(兵団)に反発する訓練兵たち

フロックとシャーディス教官

エレンら104期訓練兵の時代から5年が経ち、本当の敵は壁外の人間であることを知った109期訓練兵は、今更巨人のうなじを切り落とす訓練は無駄であると考えています。

(古い慣習が新しい芽をつぶすとはよく聞く話です。)

ここで新兵が求めているのは、時代遅れのシャーディス教官(キース)による指導ではなく、エルディアを勝利へ導くエレン・イェーガーです。

フロック
フロック

頭の固さしか取り柄のない老人なんて、不要なんですよ

これに薄々気づいているシャーディス教官は、切ない目をしています。

シャーディス教官とは?
第1期から登場する、第104期訓練兵団の教育をした教官。神回はこちら(第3期#48傍観者)

シャーディス教官はなぜ大人しく殴られたのか?

シャーディス教官殴られる

フロックの演説に心動いた訓練兵は、覚悟を示すためシャーディス教官を足腰立たなくなるまで痛めつけました。

「ひよっこどもが何人かかってきたところで相手にならない」と挑発したシャーディス教官ですが、流石にボコボコにされてしまいます。

見ていて辛いシーンでしたが、シャーディス教官が大人しく殴られたのには、理由があったと思います。

  • 訓練兵を守るため(イェーガー派に牢屋に入れられるのを防ぐ)
  • 訓練兵の本気度を確かめるため

時代の変化をよく知っているのは、長く生きてきたシャーディス教官本人です。

歳を重ねているからわかる、思いやりがあるように感じました。

見逃した!!進撃の巨人ファイナルシーズンはどこで見れる?

進撃の巨人ファイナル_ビジュアル2

進撃の巨人ファイナルシーズンは、以下の動画配信サービスから見返すことができます。

動画配信サービス無料期間特徴
dTV 31日間約12万作品が見放題
dアニメストア 31日間アニメ特化
GYAO!なし無料のため一定期間のみ視聴可
Netflixなしバランス良し
TELASA15日間特撮&テレ朝ドラマが充実
ひかりTV最大2ヶ月TV対応チューナーが必要
U-NEXT31日間見放題作品数No.1
Amazon Prime Video30日間コスパ最強

動画配信サービスは、スマホ・PC・パソコンでも何度も見返すことができて、とても便利です。(無料体験期間中に解約すれば、料金はかかりません。)

まだ使ったことがない方は、一度利用してみてはいかがですか?

73話 暴悪

まとめ

ジーク幼少期

73話は辛すぎる回でしたね。

リヴァイ兵長の戦闘シーンが見れたのは嬉しかったですが、ジークの非人道的な行動に怒りを感じた人も多いのではないでしょうか?

そう感じるなか、最後に出てきた可愛い少年はジークの幼少期です。

次回は彼の過去を知って、また見方が変わってくるのではないかと思います。

関連記事
アニメ「進撃の巨人」74話あらすじ解説【74話あらすじ】アニメ「進撃の巨人」をわかりやすく解説!ファイナルシーズン【#唯一の救い】まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA