【感想】フルールドゥボンボンのチョコレート食べてみた【味・甘さ・食感】

フルールドゥボンボンのチョコレート食べてみた感想

ギフトに「ル ぺパン」の「フルールドゥボンボン」というチョコレートをもらったので紹介したいと思います。

まるでチュッパチャプスのような見た目のチョコレートはどんな味がするのだろうか?

中身の写真も載せているので、気になる方は参考に目を通してみてください!

ル ぺパンのフルールドゥボンボンとは?

ルペパン

こちらの「フルールドゥボンボン」という何回も言いたくなるような名前のチョコレートは、「ル ぺパン」というブランドのチョコレートです。

ル ぺパンはフラワーショップからインスパイアを受け
花が生み出す彩りのあるくらし豊かで幸せな時間を
おいしいショコラでお届けしたいという想いから誕生しました。

フラワーショップへ来たときのような
色とりどりのショコラに胸が高鳴る

ショコラティエこだわりの一粒に
芳醇で繊細な香り、優しい口どけとやわらかな甘さをとじこめました。

ル ぺパンはフランス語で”種”のこと。
大切な人と過ごすひとときも何でもない一日も
小さなショコラが幸せのタネとなり大きく花開きますように。

「ル ぺパン」のホームページより

本店は東京港区北青山にありますが、全国で催事・イベントとして店舗を出しているようです。(ル ぺパンのSHOP情報

MEMO
通販だと小田急百貨店オンラインショッピングより購入することができます。

フルールドゥボンボンの種類

フルールドゥボンボンブーケ18本入

フルールドゥボンボンにはいくつか種類があります。

  • ブーケ(6本入)648円
  • ブーケ(12本入)1,296円
  • ブーケ(18本入)1,944円
  • ボックス(18本入)1,080円
  • ボックス(27本入)1,620円
  • ボックス(36本入)2,160円
  • サービスパック(24本入)1,080円

こちらで紹介しているフルールドゥボンボンのチョコレート(添付写真)は、18本入のブーケです。

(計算すると、1本あたり108円しますね…。)

バレンタインにも良さそうな、ちょっと高級なチョコレートです!

フルールドゥボンボン ブーケ(18本入)BOXの大きさ

フルールドゥボンボンブーケ18本入大きさ

フルールドゥボンボンブーケ(18本入)の大きさですが、おおよそ直径18cm×高さ12cmです。

スマホと比べてみても、コンパクトなサイズであることがわかりますね!

フルールドゥボンボンのチョコレートを実食

フルールドゥボンボン箱の裏

それでは、フルールドゥボンボンのチョコレートちゃんを実食してみます。

味は抹茶・ミルク・ストロベリーの3種類

フルールドゥボンボン3種類の味

味は「抹茶・ミルク・ストロベリー」の3種類あります。

表面はコーティングしてあって、それぞれのチョコレートの中身はこんな感じ。

  • 抹茶:抹茶チョコ&アーモンドペースト
  • ミルク:ミルクチョコ&ヘーゼルナッツペースト
  • ストロベリー:ストロベリーチョコ&アーモンドペースト

個人的に好きなのはミルクでした!

理由はヘーゼルナッツ入っているからです。

チョコレートの甘さや食感

フルールドゥボンボン中身

フルールドゥボンボンのチョコレートは…

結構甘い!!

甘さ段階をMAX5とすると、4です。

なんというか、海外で食べるチョコレートの甘さと似ていました。

コーヒーが飲みたくなる甘さですね。

そして、食感は…とても柔らかい!!

表面がチョコでコーティングしてありますが、歯で噛んでもパキっとなりません。滑らかコーティングですな。

トリュフみたいな感じで、どれもお口の中でトロッととろける感じでおいしいですよ。

抹茶とストロベリーの断面

抹茶の断面

抹茶の断面はこのような感じでした↑

ストロベリーの断面

ストロベリーの断面はピンク色をしていると思ったら、チョコレート色でした↑

まとめ

以上、ル ぺパンの「フルールドゥボンボン」チョコレートの紹介でした!

甘くて可愛いチョコを探している方には最適のチョコレートです。

デザインが花束で、今まで見たことないようなチョコレートなので、もらった方は記憶に残るんじゃないかと思います(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA