海外で人気のシティ・ポップ!80年代好きは聴いておきたい女性シンガー曲

海外で人気のシティ・ポップ女性シンガー曲を紹介

CITY POP(シティ・ポップ)という音楽ジャンルを聞いたことがありますか?

シティ・ポップとは?
シティ・ポップとは1970年代後半から1980年代にかけて日本で流行ったポピュラー音楽。「都会的な雰囲気」で洋楽志向のメロディや歌詞をもつのが特徴です。

今では「懐メロ」とも言われるであろう昔のJ-POP音楽が、なんと、世界では人気の音楽ジャンルとして注目を浴びているのです。

竹内まりやの「プラスティック・ラブ」知ってる?

え!なんでイギリス人が昔のJ-POPを知ってるの?

この曲はシティ・ポップの中でも一番有名だよ

竹内まりあの「プラスティック・ラブ」は有名すぎて、海外の歌い手さんが英語でカバーしているほどです。(動画はこちら

シティポップは原曲が人気なのもあれば、DJ等にデジタルリマスターされ、現代風にアレンジされて人気になる曲もあります。

どんな風にアレンジされているのか?

他にも人気のシティポップを見ていきましょう!

海外で人気のシティ・ポップ!女性シンガー曲

Remember Summer Days/杏里

  • アーティスト:杏里
  • アルバム:Timely!!
  • リリース:1983年

この曲は杏里の14枚目のシングル「悲しみが止まらない」のB面曲です。

Remember summer days
二度ともどらないの
思い出も 今 波が洗い流すわ
Oh I love you
忘れられないけど 冬になったら
別の恋をするわ

忘れられない夏の恋ですね!

この曲はDJのNight Tempoによってリマスタリングされています。

Paradise Island/中原めいこ

  • アーティスト:中原めいこ
  • アルバム:鏡の中のアクトレス
  • リリース:1988年

この曲は当時「住友VISAカード」のCM曲として流れていました。

波音で目覚めたら 熱いコーヒー
クロワッサンとパイン まばゆい青さに
椰子の影が揺れてる

Oh! I’m in the sunshine
風に乗るカリプソ 今日は何をしよう

気ままな時間と 秘密の宝島
深く息を吸って 自分に戻る
Island・・・・・・

まさにパラダイスアイランド!

島へ遠出したくなるような歌詞ですね。

サンセット・ロード/高橋玲子

  • アーティスト:高橋玲子
  • アルバム:TOKYO 1980s Victor Edition (The Alternate Mix) Boogie, Funk & Modern Soul from Japan ~Non Stop Mix ver.~
  • リリース:2018年

絶対に知ることのない昔のJ-POPが、シティ・ポップの普及によって若者にも認知されるから流行ってすごい!!

サンセットロードは1980年代の東京バブリーな曲を集めたアルバム「TOKYO 1980s」に収録されています。

素直になりたい/大貫妙子

  • アーティスト:大貫妙子(おおぬき たえこ)
  • アルバム:DRAWING
  • リリース:1992年

大貫妙子さんは1971年から活動するシンガーソングライターで、これまで数々の代表曲(主題曲・CMソングなど)を出してきていますが、この「素直になりたい」はそこまで有名な曲ではなかったようです。

DJは目の付け所が違うな!

突然聞かされたのよ
あなたの結婚を
顔で笑いながら
心の中では 涙であふれていた

素直になれずに実らなかった恋の歌です。

ストレートな歌詞は心にグッときますよね。80-90年代の曲はこういった歌詞が多いから素敵です!

現代風のシティ・ポップ系アーティスト

80年代に限らず、2010年以降もシティ・ポップ風の曲があります!

オオカミハート/ORESAMA

この曲はORESAMAによるアニメ「オオカミ少女と黒王子」のテーマ曲です。

ORESAMAとは?
ORESAMAはボーカルのぽん、サウンドクリエイターの小島英也からなる音楽ユニット。80年代Discoをエレクトロやファンクでリメイクした音楽を発信している。

ORESAMAは音楽のテイストだけでなく、PVの映像や世界観がめちゃくちゃシティ・ポップ好きにヒットしるんですよ!

流星ダンスフロア/ORESAMA

他にも「魔法陣グルグル」のテーマ曲にもなっています↑

現代風のシティ・ポップというか、アイドルというか。

わかりますかね、なんていうか。

Weeb(アニメ好き外国人)の心を掴む感じ!!笑

シティ・ポップもWeebが好きなテイストが入っている。だから海外ウケがいいんですよね。

乙女シック/ORESAMA

ちなみに筆者が一番好きな曲はこちらの「乙女シック」です↑

(ちょいと自己主張させてもらうよっ)

この曲は音楽はもちろん、映像のセンスが半端なく良いんですよね。シーンの切り替えとか、見せ方とか、本当にかっこいい!

この80sチックなイラストはutomaruさんが描いています。

視覚からもシティ・ポップのような世界観が伝わりますよね。

まとめ

シティポップが海外で人気になるなんて、80〜90年代はとても魅力的に写る時代だったのでしょうね。

私たちも知らない歌が海外で知られているって面白いことです!!

音楽を聴くと、当時生きていないのに見えてくる独特な世界に入り込めるので、良い気分転換になります(^^)

それではこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA